お知らせ

ホーム

 > 

【インフルエンザ予防接種(2016-2017)】10月1日から行います。《池尻大橋、三宿、下馬、三軒茶屋、中目黒》
2016年9月21日

【インフルエンザ予防接種(2016-2017)】10月1日から行います。《池尻大橋、三宿、下馬、三軒茶屋、中目黒》

 

こんにちは。院長の釜萢です。

 

今年は10月1日より、インフルエンザ予防接種(2016-2017)を行います。

ワクチン接種料金は昨年と同じ3,200円(税込)となります。

予約不要です。駅近(池尻大橋徒歩1分)で、平日19時まで、土曜日13時まで受付しておりますので、お仕事帰りでもお気軽にお立寄りください。

会社・団体様の場合、人数に応じた料金のご相談も致しますので、まずはご連絡くださいませ。

(電話をかける⇒03-6450-8506) 

 

【ワクチンの効果】
ワクチンの接種により、インフルエンザの発症を予防したり、たとえ発症しても症状が軽くすみます。そのため、インフルエンザによる重症化や死亡を予防する効果が期待されます。

 

2015-10-02(2)

 

 

 

 

 

 

昨年は、寒くなるのが遅かったためか、インフルエンザ予防接種を行うタイミングが全国的に遅かったようです。
(インフルエンザ関連のニュースが流れるのも遅かったです。)

そのため、毎年インフルエンザ予防接種を行っていた人の中には、そろそろ予防接種を行おうと思っていたところ、先に実際にインフルエンザにかかってしまった、という方もいらっしゃいました。

当院に通院している糖尿病などの慢性疾患をお持ちの方は、自己免疫力が低下しやすく、インフルエンザにかかると重症化しやすいと言われています。

通常の方はもとより、これらの方はより一層、予防接種をお勧めしたいと思います。

 

以下、2年前に掲載した内容の一部引用です。
「今年もインフルエンザ予防接種開始しました<2015-2016>」 
—————————————————————
それでは、どのような方に特にお勧めしているか。
予防接種は任意ですが、どうしても外せない(大切な)日のあるお仕事の方、
免疫力が落ちる病気をお持ちの方(糖尿病など)、
ご高齢の方、医療従事者などには、特にお勧めする場合が多いです。

また、予防接種を受けることができない方は、どのような方か。
・明らかに熱のある方(37.5℃以上の人)
・重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方。
・過去にインフルエンザワクチンの接種により、アナフィラキシーを起こしたことがある方。
 または、過去にその他の原因でアナフィラキシーを起こした方は、接種を受ける前に医師にその旨を伝え、判断を仰いでください。
(アナフィラキシーとは、通常予防接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。
発汗、顔が急にはれる、全身にひどい蕁麻疹がでる、吐き気、嘔吐、声が出にくい、息が苦しい等の症状に続き、血圧が下がっていく激しい全身反応です)
・その他、医師が予防接種を受けることを不適当と判断した方。

ご質問などございましたら、お気軽にクリニックまでお問い合わせくださいませ。
(電話をかける⇒03-6450-8506) 

—————————————————————

 

【当クリニックでは、糖尿病・高血圧を中心に生活習慣病の診療の他、一般内科の診療や、健康診断も行っています。検査内容も含め、何かございましたら、お気軽にお電話ください。】

(電話をかける⇒03-6450-8506) 

 

(患者さんの年齢・性別・症状などは、個人が特定されないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

 

<最初のページへ戻る> 

 

 

☆役に立つと思った記事は、シェア・リツイートして頂けると嬉しいです☆

 

↑↑↑糖尿病・高血圧のことでお困りのお知り合いがいらっしゃいましたら、ぜひかまやち内科クリニックと、この院長コラムを教えて差し上げて下さい。上のシェアボタンからシェア頂けます。

院長経歴(プロフィール)

かまやち内科クリニック院長。元慶應義塾大学病院 腎臓内分泌代謝内科所属。予防医学医。 専門は、糖尿病・高血圧、その他の生活習慣病(脂質異常症、痛風(高尿酸血症)など。オーダーメイドの診療を心がけています。医療現場の真実と向き合い、医療のあり方を一緒に考えていきたい。ひとりひとりの幸せな人生に寄り添い、病気と闘い続ける医師でありたい。そんな想いを込めて日々、走り続けています。