2015年2月15日

健康診断で早期発見を~糖尿病・高血圧患者さんの例《世田谷区目黒区池尻大橋、三軒茶屋、三宿、太子堂、駒沢大学、二子玉川、下北沢、下高井戸、駒場東大前、中目黒、表参道、恵比寿、代官山》

こんにちは。院長の釜萢です。

先日、たまたま会社で測定した血圧が 190/110 mmHgと異常高値であったため、当クリニックを受診された方(50代、女性)がいらっしゃいました。
その方はなんと、15年以上、健康診断を受けていない、とのことでした。
今回の血圧測定の件で、本人だけでなく、会社の同僚も、大きな衝撃であったことは、言うまでもありません。

この患者さんが受診した日、普段の食生活についての説明も、かなり怪しげなものであったため、
念のため、糖尿病に関する項目もチェックしておきました。

そして翌日。
検査結果を見て、愕然としました。
肝機能障害に加え、非常に重症な糖尿病。(あと一歩で緊急入院という病状でした。)
急いで本人に電話をし、検査結果の説明と、注意しなければならないことを伝え、早急に来院するよう説明しました。
結局、本人の来院時に本人と話し合い、すぐに入院やインスリン導入が可能な、大きな病院をご紹介しました。

2015-02-15(2)

今回のケース、なぜここまで危険な状態になってしまったか。
理由は複数あるのですが、何と言っても、15年以上、自分の健康状態をチェックしていなかった(健康診断を行っていなかった)ことが、最大の原因と考えられました。

一般的に、生活習慣病などの慢性疾患において、
入院などを検討する必要のある病状まで状態が悪化するのは、(特別な原因がない限り)、数日や数か月の変化ではありません。
もし、この患者さんが、毎年健康診断を行っていれば、このような状態まで、糖尿病や高血圧が悪化してしまっていた可能性は、極めて低いと言えるでしょう。

今回、この患者さんは、運よく一命を取り留めました。
・たまたま本人が、会社で同僚と血圧測定を行ったこと
・受診した当クリニックで、申告のあった高血圧のチェックのみならず、血液検査も行ったこと
・これだけ重篤な糖尿病・高血圧を患いながら、まだ狭心症・心筋梗塞や脳梗塞・脳卒中などを、発症していなかったこと
など、
いくつかのラッキーが重なったためでしたが、必ずしもラッキーが重なるとは限りません。
(経験上、むしろラッキーは重ならず、不幸な結果を招く患者さんの数の方が圧倒的に多いです。)

まずは、ご自身の健康に関心を持ち、年に一度の健康診断から始めることをお勧めします。

(当クリニックでは、健康診断・特定健診・世田谷区健診も行っています。
検査内容も含め、何かご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。
(電話をかける⇒03-6450-8506) 

2015-02-15(1)
(患者さんの年齢・性別・症状などは、個人が特定されないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

2015年2月12日

インフルエンザ、従来の100倍の感度で検出可能

こんにちは。院長の釜萢です。

———————————————-

~~ 2015年2月9日 キャリアブレインより ~~
【インフル、従来の100倍の感度で検出-東京都医学総合研、簡易診断法を開発】

東京都医学総合研究所などは、インフルエンザのウイルスを従来の方法に比べて100倍の感度で検出する簡易診断法を開発したと発表した。

患者によっては発症3時間以内に診断できることも実証されたとのこと。

———————————————–
これの何がすごいかといいますと・・・

今までの簡易型キットでは、検出感度があまり高くないため、インフルエンザ発症直後の早期には陰性となることが多く、
私たちも患者さんへの説明で、
「検査ではインフル陰性となったが、発症してから検査までの時間が短いため、100%陰性とは言い切れない」
と説明していました。

しかしこの機器を使えば、インフルエンザを発症した患者さんは、発症してから検査までの時間に関わらず、正確な診断ができるようになるということです。

今までは、発症早期のため陰性で、インフルエンザ薬を処方できなかった患者さんがかなりいらっしゃいましたが、この機器が実用化されれば、このようなケースが非常に減るでしょう。

この検査機器が、一般医療機関に出回るようになるのが待ち遠しいですね。

2015-02-12(2)

(患者さんの年齢・性別・症状などは、個人が特定されないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

2015年1月28日

花粉症の対策は始めていますか?《世田谷区池尻大橋・三宿・三軒茶屋・目黒区中目黒・駒場東大前・神泉・渋谷・表参道・代官山・恵比寿・広尾》

こんばんは。院長の釜萢です。
本日は一段と冷え込む一日になりましたね。
まだまだ、冬の寒さは終わらないようです。

ところで、突然ですが、みなさまは花粉症(アレルギー性鼻炎)はありますか?
みなさまの中には、花粉症の方も少なくないかと思います。

こんな寒い時期に、花粉症なんてまだまだ早い、とお考えの方は、ちょっと要注意かもしれません。

今日、2015年春の花粉飛散予測が発表され、「今年のスギ花粉の飛散開始は例年並みか早く、2月上旬に九州・四国・東海地方から始まる見込み」とのことです。

スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。

2月上旬に飛散開始が予想される場合には、1月下旬ごろ、つまりもう花粉対策を始めておくべきなのです。

2015-01-28(2)

花粉症の症状は、鼻水、くしゃみ、目のかゆみ、鼻づまり、などが典型的です。

ところが、その中の鼻づまりが原因で、口が渇く、においや味がわかりにくい、咳が出る、よく眠れない(不眠症)などの症状が起こってくることがあります。

また、風邪と紛らわしい花粉症もありますね。

花粉症の治療も含め、まずは早めの医療機関の受診をお勧めします。
(当クリニックでは、アレルギー検査も行っています。検査内容も含め、何かございましたら、お気軽にお電話ください。
⇒ 03-6450-8506)

(患者さんの年齢・性別・症状などは、個人が特定されないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

2015年1月27日

モデルさんが写真集撮影前に来院《世田谷区池尻大橋・三軒茶屋・三宿、目黒区、渋谷区、港区、新宿区、千代田区、中央区、杉並区》

こんにちは。院長の釜萢です。
本日は、歌手(モデル)の方や、テレビ番組に出演している方々が患者さんとして来院する、メディア関連の一日となりました。

病状の詳細に関しては割愛させて頂きますが、お一方に関しては、写真集の撮影がうまくいくように、内科的治療によってお手伝いできることをさせて頂きました。
やはり、これらの世界でご活躍の方々は、一般の我々とは違う次元のストレスやプレッシャーに晒されている、ということを実感しました。

以前、大きな病院に勤務していた頃も、テレビで普通に見ている芸能人の方々、政治家の方々、その他、公にはできない立場の方々などの
診察にあたってきましたが、常に病院としての治療方針や、担当科としての治療方針があり、それらを主治医が一人で決定することはありませんでした。

しかしながら、当クリニックでそれらの方々の診察にあたるときは、院長である自分が治療方針を決め、その結果に対する責任を負います。
院長が患者さんのニーズを詳しく理解できていれば、治療もスムーズに進んでいくし、結果も期待されているものにより近づけることができるでしょう。
また、小回りの利く対応が可能になるのも、クリニックならではのメリットかもしれません。

<写真は記事とは関係ありません>
2015-01-28

もちろん、すべての患者さんに対し、ベストな治療を心掛けて臨むのは当然のことです。
そして、開業医である自分の大切な役目は、地域医療に貢献すること。つまりは地域住民の健康を守ることです。

その一方、特殊な立場の患者さんたち(背負っている責任や、社会的影響力が、私たち一般社会に生きている人たちとは異なる方々)が存在することも事実であり、
そういった方々への対応も検討しておく必要があるのでしょう。

最終的には、このあたりのバランス感覚が、多くの方々と一致している、ということが多数のみなさまの理解を得られる、信頼されるクリニックに必要なことなのかと思いました。

(患者さんの年齢・性別・症状などは、個人が特定されないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

2015年1月21日

健康診断(特定健診)を高校以来行っていない!?《世田谷区池尻大橋、三宿、三軒茶屋、駒沢大学、桜新町、二子玉川、下北沢、下高井戸》

こんにちは。院長の釜萢です。

先日、当クリニックを高熱と咳、倦怠感で受診した患者さんがいらっしゃいました。(30歳代前半男性。)
検査の結果は、予想通り、インフルエンザA型陽性でした。

本人はとっても不安そうで、なにか聞きたそうな様子。
「インフルエンザなのだから、不安なのも当然だし、治るまでいつまでかかるのか、聞いておきたいのかな?」
と私は想像していていました。

すると、<以下は私と患者さんの会話>
(患者さん)「先生、ここでは血液検査もできるのですか?」

(私)「??」・・・「(もうインフルエンザA型と診断ついたのに、あと何の検査がしたいのだろう?)」

(患者さん)「実は、血液検査をしばらくしていなくて心配なんです!」

(私)「しばらくって、最後の健康診断はいつだったの?もう5年くらいしていないとか??」

(患者さん)「いや、もっとずっと前から。。。というか、健康診断したことなくて!!」

(私)「えっえ~?? なにか困った自覚症状でもあるの?」

(患者さん)「最近太ってきて困っています。家内からも心配されて、早く健康診断を受けてくるように言われているんです!!」

(私)「それは大変!インフルエンザが治ったら、すぐに血液検査をしましょうね!!」

こんなわけで、インフルエンザが治ったら、早速血液検査・尿検査一式を行うことになった患者さん。
それにしても、そこまで放置するなんて。。。健康は、失ってからでは遅いのです!!!

(患者さんの年齢・性別・症状などは、個人が特定されないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

2015年1月14日

健康診断(特定健診)はどこで行うべきか?《世田谷・目黒区池尻大橋、三軒茶屋、下北沢、下高井戸、中目黒、駒場東大前、渋谷区表参道・代官山》

こんにちは。院長の釜萢です。

先日、当クリニックで世田谷区の健康診断(特定健診)を受けた患者さんの結果説明をしたところ、
血圧がおよそ160/100の、著明な高血圧でした。

本人は、10年近く健康診断で高血圧を指摘され続けてきたが、ずっと放置してきた。
今回は、高血圧も含め、問題点はしっかり治療しようと思って健康診断を受けた、
とのことでした。

こういった場合、結果説明の日に、(必要ならば血液検査・尿検査を行い)保険治療を開始することも可能です。
この方も、治療をするなら、生活習慣病を専門にしている、当クリニックで治療を開始したい、との思いで
健康診断(特定健診)も当クリニックで行ったとのことでした。

健康診断(特定健診・長寿健診・検診)はどこで行っても同じでしょうか?

答えは『 NO 』です。


たしかに、健康診断(特定健診・長寿健診・検診)の結果は、測定ミスがない限り、どこの医療機関で行っても同じです。

しかし、本当に大切なのはそのあとです

そのデータをどう解釈し、(その患者さんのバックグラウンドをしっかり理解したうえで、最適な判断をする)、その解釈を患者さんにどう説明するか。
生活習慣病には様々なパターンがあり、似たようなデータに見えても、解釈の仕方は微妙に異なることがあります。
説明の仕方によっては、医師の真意が伝わらず、せっかく正しい解釈をしても、患者さんの治療をしようという気持ちに結びつかない場合すらあります。

こういった点を考えたとき、大学病院時代から、10年以上生活習慣病を見続けてきた私は、その部分、つまりデータの解釈から患者さんへの説明、そしていかに患者さん自身の治療する気に結びつけるか。
さらには、治療をいかに効果のあるものにするか、という部分に絶対の自信を持っています。

実際、今回の患者さんは、その日に高血圧治療を開始しただけでなく、採血検査をし、次回の栄養相談(食事指導)の予約を取って、笑顔で帰って行きました。
私はその患者さんのこれからの素晴らしい変化が、とても楽しみです。

何かご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。
(電話をかける⇒03-6450-8506) 

(患者さんの年齢、性別、症状などは、個人が特定されたないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

2015年1月11日

ニンニク注射の効果:当院スタッフの場合【東京都内世田谷区、目黒区、渋谷区、港区、新宿区、千代田区、中央区など対応】

こんにちは。院長の釜萢です。

1月最初の、嵐のような1週間が昨日で終了。
1月2日の休日診療から始まり、スタッフみんな、よく頑張ったと思います。

そして昨日あるスタッフが、朝からお疲れ気味で、話を聞くと、当直明けの仕事とのこと。
しかしながら、クリニック終了後には、友人とボードに行くということでした。

これからボードに行くから、ニンニク注射をやってみたいとのこと。
ニンニク注射は患者さんに行っており、その効果は患者さんを通して実感済み。

風邪などの症状がないか確かめたうえ、問題なさそうだったため、ニンニク注射を行いました。
クリニックの診療が終了するころには、きれいに疲れを忘れているようでした。
診療終了後、大喜びで遊びに行ったようです。

当クリニックは糖尿病・高血圧を中心に、慢性疾患(痛風・高尿酸血症、高脂血症・脂質異常症、甲状腺など)の方の治療・予防が中心です。
これらの方々が、風邪など、しっかり治療すべき問題点があるのに、その症状をニンニク注射・ビタミン注射でごまかそう、というのはお勧めできません。
(まずはお薬を使った治療など、保険診療を行い、そのサポートとしてニンニク注射・ビタミン注射を行う、というのが基本的な考え方です。

持病をお持ちの方(とくに糖尿病など)は免疫力も低下するため、一般の方と同じ対応では、症状が悪化してしまう場合もあります。
その辺りの事情も踏まえ(その患者さんの背景にある身体的疾患を考慮の上)、最も適切な対応をしていきたいと思っています。

保険診療と自由診療の使い分けも、上手に行うことで、大きなメリットにつながると思っています。
(保険診療と自由診療を同日に行うことは、規則で禁じられています。)

2015年1月4日

健康診断(特定健診・長寿健診)をお早めに。1/5(月)から通常診療開始です。

こんばんは。院長の釜萢です。

明日1月5日(月)から通常診療が始まります。

いつものお薬がなくなりそうだ、
お正月でお薬が足りなくなっていた(本当は困りますが)、
お正月に風邪を引いたが、なんとかここまで乗り切ってきた、
という方々は、早速いらしてくださいね。

しっかり準備を整えて、お待ちしております。

ただ、年末年始に検査ができなかったため、予約の患者さんも、かなり入っていたと記憶しています。

あまり待てない方は、お電話で確認をして頂いてから、いらして頂いた方が安全かもしれません。

そしてもう一つ。
健康診断(特定健診・長寿健診)をお早めに!!

世田谷区は3月までが期限だったはずですが、
間近になると、みなさんが一斉にいらっしゃいます。

当クリニックは、健康診断に関しては予約制にしていますので、
お早目のご予約をお勧めいたします。

それでは、これから一年、よろしくお願いいたします。

2014年12月30日

クリニックの休日診療(お正月当番含め)のメリット

こんにちは。院長の釜萢です。

このたび、2015年(来年)1月2日に当クリニックで休日診療を行うことになり、
休日に体調を崩した場合、患者さんはどう対応したらよいかをまとめてみました。

まず、患者さんのよくある対応の例です。
(a)少し体調を崩したものの、これから迎える年末年始を前に、自宅で市販薬を飲みながら、なんとか治そうと、暖かくして早く眠る人。
(b)年末年始に大切な行事が入っているため、今日中になんとか治さなければならないため、休日診療を受診し、薬を処方してもらってくる人。
(c)明日以降のことなど考えられないほど体調が悪く、今の症状を軽減するため、必死に休日診療(大きな病院を含む)を受診する人。
などが、典型的なものかと思います。

次に、患者さんの受診する医療機関(クリニックを除く)を考えてみると
(1)どこの医療機関も受診しない
(2)大病院(救急指定ありの総合病院)を受診する
(3)休日診療所(区の診療所など)を受診する
となるかと思います。

まず、かなり多いと考えられる(1)について。
これは上の(a)の方々が当てはまるはずなのですが。
正直、これは本当におすすめできません。

もちろん、病状や重症度にもよりますが、リスクが大きく、また治るまでの期間が長くなる可能性が高いです。
さらに、症状が悪化したから医療機関を受診しよう、と思っても、連休のため普段かかりつけのクリニックは空いていません。

(2)のケースですが、わざわざ大病院を受診する方は、特殊な持病を持っていて、そこにかかりつけの患者さんか、(c)の症状が本当に重症な方が、場合によっては救急車で受診したりします。
(私も数年前まで某有名病院で当直していた時、連休に来院される方は大抵こんな方でした。)
また例外的に(b)であっても、社会的な立場が特殊なため、一般病院を受診することができず、そのような立場の患者さんを見慣れている、あるいは個人情報の管理がしっかりしている、これらの病院を受診される患者さんもいらっしゃいました。

これらの方々は、ここ以外、診てもらえるところはない、あるいは治療ができるところはありませんので、迷わずこちらを受診して下さい。
診察する側も、覚悟を決めて待っています。

そして(3)のケース。
こちらは上の(b)の方々に受診して頂きたいのですが、かなりの確率で(c)の方々も混じってきます。
本来(3)は重症な患者さんは診ることができないため、(c)の患者さんは(2)を受診した方が安全なのですが、(2)はとっても混んでいて待たされる、重症な病気をうつされるのではないか、などの理由で(3)を受診するようです。
結果的に(3)でうまく治ってしまえば問題ないのですが、一定の確率で重症化してしまう場合が存在するので、やはり診察する立場としては(c)の患者さんには(2)を受診して頂きたい。

大まかな分類を書きました。
そこで、《クリニックの休日診療を利用するメリット》を考えてみました。
つまり【私のクリニックの使い方】は、どうなるのでしょうか。
メリットとデメリットに分けてまとめます。

《メリット》
待ち時間が(大病院よりは)やや短い。
アクセスが良い。(これは特に当クリニックの場合。)
特殊な病気をうつされる可能性が少ない。
必要な日数の処方ができる(休日診療所では1日か2日しか処方できない場所がある。)
治りきらなかった場合のアフターフォローができる。
かかりつけの患者さんは、すでに病状がわかっている。
受診するための敷居が低い。

《デメリット》
重症な患者さんの対応はできない(一部の緊急検査、精密検査ができないため、必要に応じて、大病院に紹介状を書く。)

患者さんの立場からは、なかなかわかりにくい部分もあるかと思いますが、勇気を出して『まずは電話で聞いてみる!』というのも大切です。
(電話をかける⇒03-6450-8506) 

それでは、みなさまが楽しい連休ライフ(年末年始)を過ごせますよう、万全の態勢でお待ちしております!!

2014年12月21日

糖尿病・高血圧患者さんの忘年会、クリスマス、お正月、新年会(年末年始)の乗り切り方

こんにちは。院長の釜萢です。
12月に入り、生活習慣病(慢性疾患:糖尿病、高血圧、脂質異常症・高脂血症、痛風・高尿酸血症)の方にとって、一番厳しい時期かと思います。

当クリニックに通院している患者さんでも、「2日に1回は忘年会が入っている」「体重が3kg増えてしまった」など、仕事でどうしても飲んだり食べたりの量が増えてしまう方もいらっしゃる一方、
「たしかに忘年会は頻回に行っているのだけれど、以前のようにそこでたくさん飲食してしまうことをやめ、最小限にするよう工夫している」
という患者さんもいらっしゃいました。

もちろん、当クリニックで説明した通りの食生活を継続できれば理想的ではありますが、生活をしていくうえで(仕事をしていくうえで)、やむを得ない状況というものもあり得ます。
そんな時に、「仕事だから食事のことなんか考えていられない!」ではなく、その状況の中でも、いかに病気の悪化を最小限にとどめられるかを考えながら行動して頂きたいと思います。
そういった方法に関しても、患者さんそれぞれの個別の状況に応じて、御相談させて頂いております。

これからは、クリスマス、お正月、新年会、とまだまだイベントが続きますが、この時期が一番大切な時期でもあります。
この時期の病気(糖尿病・高血圧・高脂血症・痛風・・・など)の悪化、内臓への負担を最小限にし、場合によっては、この時期は薬物治療をしっかり行うことによって、その後の早期回復を目指しましょう。