2017年1月20日

健康診断の糖尿病はなぜ放置されたのか?検診病院選びの注意点《健康診断、人間ドック、糖尿病、高コレステロール血症》

 

こんにちは。院長の釜萢です。

 

数年前から糖尿病を指摘されていた、60歳の女性。

 

毎年受けている健康診断の面談では、医師から食事に気を付け、運動するよう指示されており、3ヶ月に1回、病院も受診していたそうです。

 

それでも、生活に変化は見られなかったため、糖尿病は改善されず、HbA1c 6.9程度のままでした。(6.5以上で糖尿病です。)

 

本日膀胱炎の症状で近くの病院を受診したところ、糖尿病があると感染症にかかりやすい(病気になりやすい)と告げられ、慌てて当院を受診しました。

 

血液検査を行なったところ、悪玉コレステロールも高いことが判明。そのことについては、ほとんど説明されていなかったようです。

 

健康診断(検診)を行なっている医療機関はたくさんあります。どの場所で健康診断を行うかは、その後のフォローがしっかりできるかどうかで選んで頂きたいと思います。検診病院の種類は大きく分けて以下の2通りです。

 

(1)検診結果を(機械的に)会社や自宅にお送りする、検診(検査)専門の医療機関のタイプ。
たくさんの検査を短時間で行うことができるメリットがあります。デメリットは、検診結果を受け取った側が、異常を指摘されたら自主的に、相応しい医療機関を探して受診する必要があります。

 

(2)検診病院に専属の医師が勤務しており、その医師が検診結果や治療についてサポートしてくれる医療機関のタイプ。
今回の患者さんのケースはこちらのタイプ。健康診断を行なった病院に、専属の医師も勤務しており、診療を行なっていたようです。しかしながら、糖尿病も脂質異常症(悪玉コレステロールが高い)も無治療でした。

 

直接その医師と話したわけではないので、なぜこれらの病気が放置されていたのか、はっきりしたことはわかりませんが、もしかするとこれらの病気を専門的に治療した経験がない方だったのかもしれません。

 

当院では健康診断にも力を入れています。
せっかく健康診断を行うのですから、悪い状態のものがあれば指摘をし、良い方向に改善していくための相談や工夫をする。この考え方を原則とし、みなさんが気軽に行える健康診断を目指して行きたいと思います。

 

2017-01-19

【当クリニックでは、糖尿病・高血圧を中心に生活習慣病の診療の他、一般内科の診療や、健康診断も行っています。検査内容も含め、何かございましたら、お気軽にお電話ください。】

(電話をかける⇒03-6450-8506) 

 

(患者さんの年齢・性別・症状などは、個人が特定されないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

 

<最初のページへ戻る> 

 

【この記事をお読みの方には、こちらの記事もよく読まれています】
↓ ↓ ↓
いろんな役割の病院がある。高血圧・糖尿病など生活習慣病なら当院へ。

 

 

☆役に立つと思った記事は、シェア・リツイート・ブックマークして頂けると嬉しいです☆

2017年1月19日

いろんな役割の病院がある。高血圧・糖尿病など生活習慣病なら当院へ。《内科、池尻大橋、三宿、世田谷公園、田園都市線、世田谷区、目黒区》

 

こんにちは。院長の釜萢です。

 

3年ほど前から、中性脂肪が長いことを指摘されていた45歳の男性。
昨年春、中性脂肪 400と非常に高くなってしまい、近くの病院を受診しました。

 

ところが、その病院では「運動してますか?」と聞かれたのみで、具体的な指示や治療はなし。
結局、その後一回受診したものの、通わなくなってしまいました。

 

今回、昨年冬の健康診断で、中性脂肪 530と更に悪化したため、当院を受診しました。

 

お話を伺っていたところ、ご本人以外に、ご両親も糖尿病や高血圧などの生活習慣病の治療を行なっており、心臓病になった方もいらっしゃいました。

 

そうした方々を見ていることもあり、本人は何とかしなければ、という思いはあるものの、どうしたら良いかわからないようでした。

 

当院には、当院の健康診断で異常が見つかり、そのまま治療を開始した患者さんも多くいらっしゃいます。

 

しかしながら、むしろ、他の検診機関や人間ドック専門機関で異常が見つかり、高度な治療を行なっている医療機関を探していた患者さんや、
検診病院・人間ドック専門機関からご紹介された患者さんが来院するケースの方が、比率としては圧倒的に多いです。

 

医療機関には、それぞれに役割があります。
当院は、糖尿病、高血圧を中心とした生活習慣病治療の専門病院として、その分野のトップレベルの治療を提供しております。

 

この患者さんも、当院に来て、何をすべきなのか、何がいけなかったのか、ようやくお分かり頂けたようで、今では積極的に治療に取り組むようになりました。

 

この分野における病気が心配な方や、健康診断でこれらの病気を指摘された患者さんは、安心して当院を受診してくださいませ。
必ず、他院との違いを実感して頂けると思います。

 

2017-01-17
<写真と本文の内容とは関係ありません>

【当クリニックでは、糖尿病・高血圧を中心に生活習慣病の診療の他、一般内科の診療や、健康診断も行っています。検査内容も含め、何かございましたら、お気軽にお電話ください。】

(電話をかける⇒03-6450-8506) 

 

(患者さんの年齢・性別・症状などは、個人が特定されないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

 

<最初のページへ戻る> 

 

【この記事をお読みの方には、こちらの記事もよく読まれています】
↓ ↓ ↓
看護師の娘さんに当院を勧められた高血圧、脳卒中患者さん。

 

 

☆役に立つと思った記事は、シェア・リツイート・ブックマークして頂けると嬉しいです☆

2017年1月15日

ダイエット目的で紹介された糖尿病、高血圧、痛風患者さん。《池尻大橋、三宿、田園都市線、内科、高血圧、糖尿病》

 

こんにちは。院長の釜萢です。

 

5年ほど前に足を怪我して動きに制限ができてしまい、
その頃から急激な体重増加(2年間で15kg、現在の体重100kg)をした56歳の男性。

 

もともと数年前から痛風発作は繰り返していたものの、体重が増えだしてから、高血圧、糖尿病、脂質異常症、脂肪肝も出現したそうです。
そして、治療していた病院では体重のコントロールができないため、ダイエット目的で当院を紹介受診となりました。

 

すでに様々な薬が処方されていたのですが、あまりコントロールは良好と言えず。。。
・HbA1c 7.1(糖尿病の指標: 6.5以上が糖尿病で、治療目標は6点台。)
・中性脂肪 200 (正常値は150未満)
・LDL-C 150 (悪玉コレステロール: 正常値は140未満)
・尿酸 7.2 (正常値は7以下)

 

脂肪肝に至っては
・γGTP 220 (肝機能の一つ: 男性は70未満が正常)

 

最大の原因は肥満であることは一目瞭然!!

 

まずは、普段の食生活のチェックを行い、今後の治療において必要な考え方をお伝えしました。
これから、患者さんと二人三脚で食生活を中心に、普段の日常生活の改善を行なっていきます。

 

2017-01-14

【当クリニックでは、糖尿病・高血圧を中心に生活習慣病の診療の他、一般内科の診療や、健康診断も行っています。検査内容も含め、何かございましたら、お気軽にお電話ください。】

(電話をかける⇒03-6450-8506) 

 

(患者さんの年齢・性別・症状などは、個人が特定されないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

 

<最初のページへ戻る> 

 

【この記事をお読みの方には、こちらの記事もよく読まれています】
↓ ↓ ↓
高血圧、脂質異常症で狭心症(心筋梗塞)を起こした女性。

 

 

☆役に立つと思った記事は、シェア・リツイート・ブックマークして頂けると嬉しいです☆

2017年1月13日

高血圧、脂質異常症で狭心症(心筋梗塞)を起こした女性。《東急田園都市線、東京メトロ半蔵門線、糖尿病、高血圧、生活習慣病、内科》

 

こんにちは。院長の釜萢です。

 

北陸から都内に引っ越してきたため、新しい病院を探して当院を受診した73歳の女性。

 

40年ほど前から、高血圧と脂質異常症がありましたが、5年ほど前に狭心症(心筋梗塞)を起こして、何とか一命を取り止めとのことでした。
現在もステントが留置され、血をサラサラさせる薬を内服中です。

 

お話を伺うと、やはり地方ではあまり定期的な検査は行われておらず、高いとわかっているコレステロールも、年に1度か2度、血液検査をするだけで、データが悪くても同じ薬が処方され続けていたとのこと。

 

せっかく病院に通院しても、しっかりと管理されていないと、効果は半減してしまいます。
数年前に起こした狭心症も、もし高血圧、脂質異常症が的確に管理されていたら、今どうだったかな…なんてことも頭の片隅をよぎります。

 

高血圧、脂質異常症は糖尿病と並び、典型的な生活習慣病です。
これらは基本的には、はっきりした自覚症状が出ないことが多いです。

 

しかしながら、この方のように、コントロールが悪い状態が続くと、突然、心臓病や脳卒中などの命に関わる病気に襲われます。

 

自覚症状のない生活習慣病の患者さんたちを、いかに自分から前向きに治療を行う方向に変えていくか、この分野を専門としている医師の腕の見せ所であり、永遠の課題でもあります。

 

この患者さんはまだ都内の生活に慣れていないため、一段落したら、しっかり治療を進めていこうと思います。

 

2017-01-12

【当クリニックでは、糖尿病・高血圧を中心に生活習慣病の診療の他、一般内科の診療や、健康診断も行っています。検査内容も含め、何かございましたら、お気軽にお電話ください。】

(電話をかける⇒03-6450-8506) 

 

(患者さんの年齢・性別・症状などは、個人が特定されないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

 

<最初のページへ戻る> 

 

【この記事をお読みの方には、こちらの記事もよく読まれています】
↓ ↓ ↓
痛風患者さんは、お酒がやめられない?

 

 

☆役に立つと思った記事は、シェア・リツイート・ブックマークして頂けると嬉しいです☆

2017年1月10日

痛みがないので治療をやめた糖尿病患者さん。《田園都市線、半蔵門線、池尻大橋、三宿、三軒茶屋、世田谷公園、中目黒》

 

こんにちは。院長の釜萢です。

 

10年ほど前に糖尿病を指摘された40歳の男性。
いったんは薬を飲んで治療を開始したけれど、徐々に病院に行かなくなったとのこと。
理由は痛くなかったから。

 

当然、糖尿病の状態は悪くなり、入院が必要になりました。そこで、治療の大切さを学び、その後はしっかりと治療を続けていくはずでしたが…。

 

やはり一年ほどしか続かず。
最近、いろんなところで身体の不調を感じるようになり、さすがに心配になったとのことで当院を受診しました。

 

聞くと、毎朝血糖値は測っていたとのこと。しかし、その数値は200程度!!
ちなみに血糖値とは、健康診断では、110以下が正常となっているものです。

 

そしてHbA1c 8.8。治療の目標は6点台と言われている数字です。

 

年明け早々にいらしたので、相当心配だったのか、それとも今年こそは治療しよう!と思って来院したのか。
とにかく、一刻も早く何とかしないといけない状況のため、即刻治療を開始しました。

 

この方、実はほぼ毎日フィットネスジムに通っているそうです。
せっかく健康への意識はあったようなのですが、元気に動けて初めて運動も続けられます。

 

まずは、継続できる治療を前提に。
そして、最小限の薬で効率よく病状を改善していきたいですね。

 

2017-01-10

【当クリニックでは、糖尿病・高血圧を中心に生活習慣病の診療の他、一般内科の診療や、健康診断も行っています。検査内容も含め、何かございましたら、お気軽にお電話ください。】

(電話をかける⇒03-6450-8506) 

 

(患者さんの年齢・性別・症状などは、個人が特定されないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

 

<最初のページへ戻る> 

 

【この記事をお読みの方には、こちらの記事もよく読まれています】
↓ ↓ ↓
生活改善は年始のうちに。

 

 

☆役に立つと思った記事は、シェア・リツイート・ブックマークして頂けると嬉しいです☆

2017年1月5日

生活改善は年始のうちに。《糖尿病、高血圧、生活習慣病、内科、世田谷区、目黒区、東急田園都市線、東京メトロ半蔵門線》

 

こんにちは。院長の釜萢です。

 

本日から当院は、今年の通常診療が始まりました。
予想どおり、風邪の患者さんが多くいらっしゃいました。

 

そんな中、毎月通院している患者さんも混じっていました。
お正月明け早々、血液検査を受けに来るなんて、
さぞ年末年始を節制してお過ごしになった方々かと思いきや…。

 

本来12月に来るはずだったのに、諸事情により12月に来院できなかった?方々でした。

 

そうすると、中には薬がなくなってから1週間たってしまった!
なんて方もいらっしゃるわけで。。。

 

そして、
・年末は忘年会で飲酒量が増えた。
・これから、新年会で毎晩予定が埋まっている。
・寒くなって、運動もしなくなった。
・そのせいだか、体重もわかりやすく増えた。
・実家から美味しい果物がたくさん送られてきている。
などの、生活習慣病にはかなり危険なお話をいろいろ伺いました…。

 

心当たりのある患者さんは、病状があまり悪化する前に、早く来院してくださいね!
ご存知のとおり、いったん増えた体重、悪化した血液データを元に戻すのは、楽ではありません。

 

年始のうちに、まずは元どおりまで。一緒にがんばりましょう!

 

2017-01-05

【当クリニックでは、糖尿病・高血圧を中心に生活習慣病の診療の他、一般内科の診療や、健康診断も行っています。検査内容も含め、何かございましたら、お気軽にお電話ください。】

(電話をかける⇒03-6450-8506) 

 

(患者さんの年齢・性別・症状などは、個人が特定されないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

 

<最初のページへ戻る> 

 

【この記事をお読みの方には、こちらの記事もよく読まれています】
↓ ↓ ↓
正月明けの外来は風邪でいっぱい⁉︎

 

 

☆役に立つと思った記事は、シェア・リツイート・ブックマークして頂けると嬉しいです☆

2016年12月20日

遠方から糖尿病高血圧患者さん《セカンドオピニオン、専門外来、糖尿病、高血圧、池尻大橋、三宿、下馬、三軒茶屋》

 

こんにちは。院長の釜萢です。

 

先日、40代の女性が来院しました。
その方は、今年の夏頃の健康診断で、血圧 145/90と少し血圧が高いことを指摘されていました。

 

最近、近くの薬局で血圧を測定したところ、170/105となり、自宅で血圧測定した結果、190/110と著しい高血圧を認めたため、心配になって来院したとのことでした。

 

診察時によく話を聞いていくと、数年前から軽度の糖尿病であることも発覚。
今後の治療方針を決めるため、早速検査を行いました。

 

この患者さん、経堂・千歳烏山方面から、わざわざ30分電車に乗っていらしたそうです。
診察時にこの方の真剣さ、必死さがとても伝わってきました。

 

まずは、地域住民のための開業医ではありますが、遠方からも是非診察をという方、セカンドオピニオンや現在の治療について相談したい、という方に対しても、当院は幅広く対応しております。

 

自分の健康に関心を持ち、より良い治療をお求めの方は、是非一度ご相談ください。

 

ell_aozoratoturubara_tp_v

【当クリニックでは、糖尿病・高血圧を中心に生活習慣病の診療の他、一般内科の診療や、健康診断も行っています。検査内容も含め、何かございましたら、お気軽にお電話ください。】

(電話をかける⇒03-6450-8506) 

 

(患者さんの年齢・性別・症状などは、個人が特定されないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

 

<最初のページへ戻る> 

 

【この記事をお読みの方には、こちらの記事もよく読まれています】
↓ ↓ ↓
治療成績が糖尿病治療の全てですか?

 

 

☆役に立つと思った記事は、シェア・リツイート・ブックマークして頂けると嬉しいです☆

2016年12月18日

治療成績が糖尿病治療の全てですか?《内科、糖尿病内科、循環器内科、中目黒、代官山、三宿、池尻大橋》

 

こんにちは。院長の釜萢です。

 

先日、中目黒・代官山方面の大きな病院で糖尿病治療を開始していた患者さんが、
違う先生のところで治療を続けたいとのことで、当院を受診しました。

 

その病院はとても素晴らしい先生が多く、患者さんの治療を聞いた限り、とても標準的で常識的な治療内容だと思いました。
にもかかわらず、どうしてその病院での治療に納得できなかったのか。

 

治療をしていた時の血糖コントロールはHbA1c 6.5〜7.5程度。とても良くはないけれど、全くダメでもない程度。
それでも、その患者さんは、その病院での治療に強い不満を持っていました。

 

我々も患者さんも人間である以上、相性というものはあると思います。
生活習慣病は、ただ薬を処方していれば良い、という病気ではないため、いっそう医師の考え方や治療法に違いが出やすいのかもしれません。

 

今回のケースでは、患者さんがその部分に共感できなかったために、治療成績はそれなりによかったにもかかわらず、ついていけないと感じてしまったのではないでしょうか。

 

(ちなみに私の考える生活習慣病は、医師と患者さんが一緒になって、患者さんの生活習慣を変えていくために工夫や努力をしていく必要がある病気だと思っています。)

 

現在その患者さんは、真剣に病気と向き合い、着々とよい状態へ変わりつつあります。
私と一緒に病気を治していこうという熱意を感じます。

 

より多くの患者さんのニーズに合わせられる、多くの引き出しを持つと共に、多くの方々に共感される考え方、治療方針を示していける医師でありたいと、改めて思いました。

 

2016-12-18

【当クリニックでは、糖尿病・高血圧を中心に生活習慣病の診療の他、一般内科の診療や、健康診断も行っています。検査内容も含め、何かございましたら、お気軽にお電話ください。】

(電話をかける⇒03-6450-8506) 

 

(患者さんの年齢・性別・症状などは、個人が特定されないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

 

<最初のページへ戻る> 

 

【この記事をお読みの方には、こちらの記事もよく読まれています】
↓ ↓ ↓
胃腸炎が大流行。

 

 

☆役に立つと思った記事は、シェア・リツイート・ブックマークして頂けると嬉しいです☆

2016年10月31日

インフルエンザが増えています【予防接種/インフルエンザ】《池尻大橋、三宿、三軒茶屋、世田谷公園、目黒区東山、渋谷、中目黒、代官山、恵比寿》

 

こんにちは。院長の釜萢です。

 

二週間前から、もう毎日のようにインフルエンザ患者さんが来院しています。
今年は昨年に比べ、かなり流行時期が早そうです。
まだ予防接種が済んでいない方は、出来るだけ早く済ませることをお勧めします。

 

特に、当院に通院していらっしゃる患者さんは、糖尿病などの生活習慣病の持病(基礎疾患)をお持ちの方が多いです。
これらの患者さんは、インフルエンザに罹患した際、重症化する可能性が高いと言われています。
↓↓↓ 以下に詳しく説明されています ↓↓↓
厚生労働省:インフルエンザQ&A Q.18: ワクチンの接種を受けたのに、インフルエンザにかかったことがあるのですが、ワクチンは効果があるのですか?

 

当院でも、インフルエンザ予防接種を行っています。
お一人でいらっしゃる方は予約は必要ありません。
会社でまとめて、などの場合は、一度クリニックにご連絡頂ければ幸いです。

 

詳しくは下記のページをご参照ください。
【インフルエンザ予防接種(2016-2017)】10月1日から行います。

 

 

2016-03-10

【当クリニックでは、糖尿病・高血圧を中心に生活習慣病の診療の他、一般内科の診療や、健康診断も行っています。検査内容も含め、何かございましたら、お気軽にお電話ください。】

(電話をかける⇒03-6450-8506) 

 

(患者さんの年齢・性別・症状などは、個人が特定されないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

 

<最初のページへ戻る> 

 

【この記事をお読みの方には、こちらの記事もよく読まれています】
↓ ↓ ↓
体重マイナス12kg、腹囲マイナス11cmの糖尿病高血圧患者さん

 

 

☆役に立つと思った記事は、シェア・リツイート・ブックマークして頂けると嬉しいです☆

2016年9月21日

【インフルエンザ予防接種(2016-2017)】10月1日から行います。《池尻大橋、三宿、下馬、三軒茶屋、中目黒》

 

こんにちは。院長の釜萢です。

 

今年は10月1日より、インフルエンザ予防接種(2016-2017)を行います。

ワクチン接種料金は昨年と同じ3,200円(税込)となります。

予約不要です。駅近(池尻大橋徒歩1分)で、平日19時まで、土曜日13時まで受付しておりますので、お仕事帰りでもお気軽にお立寄りください。

会社・団体様の場合、人数に応じた料金のご相談も致しますので、まずはご連絡くださいませ。

(電話をかける⇒03-6450-8506) 

 

【ワクチンの効果】
ワクチンの接種により、インフルエンザの発症を予防したり、たとえ発症しても症状が軽くすみます。そのため、インフルエンザによる重症化や死亡を予防する効果が期待されます。

 

2015-10-02(2)

 

 

 

 

 

 

昨年は、寒くなるのが遅かったためか、インフルエンザ予防接種を行うタイミングが全国的に遅かったようです。
(インフルエンザ関連のニュースが流れるのも遅かったです。)

そのため、毎年インフルエンザ予防接種を行っていた人の中には、そろそろ予防接種を行おうと思っていたところ、先に実際にインフルエンザにかかってしまった、という方もいらっしゃいました。

当院に通院している糖尿病などの慢性疾患をお持ちの方は、自己免疫力が低下しやすく、インフルエンザにかかると重症化しやすいと言われています。

通常の方はもとより、これらの方はより一層、予防接種をお勧めしたいと思います。

 

以下、2年前に掲載した内容の一部引用です。
「今年もインフルエンザ予防接種開始しました<2015-2016>」 
—————————————————————
それでは、どのような方に特にお勧めしているか。
予防接種は任意ですが、どうしても外せない(大切な)日のあるお仕事の方、
免疫力が落ちる病気をお持ちの方(糖尿病など)、
ご高齢の方、医療従事者などには、特にお勧めする場合が多いです。

また、予防接種を受けることができない方は、どのような方か。
・明らかに熱のある方(37.5℃以上の人)
・重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方。
・過去にインフルエンザワクチンの接種により、アナフィラキシーを起こしたことがある方。
 または、過去にその他の原因でアナフィラキシーを起こした方は、接種を受ける前に医師にその旨を伝え、判断を仰いでください。
(アナフィラキシーとは、通常予防接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。
発汗、顔が急にはれる、全身にひどい蕁麻疹がでる、吐き気、嘔吐、声が出にくい、息が苦しい等の症状に続き、血圧が下がっていく激しい全身反応です)
・その他、医師が予防接種を受けることを不適当と判断した方。

ご質問などございましたら、お気軽にクリニックまでお問い合わせくださいませ。
(電話をかける⇒03-6450-8506) 

—————————————————————

 

【当クリニックでは、糖尿病・高血圧を中心に生活習慣病の診療の他、一般内科の診療や、健康診断も行っています。検査内容も含め、何かございましたら、お気軽にお電話ください。】

(電話をかける⇒03-6450-8506) 

 

(患者さんの年齢・性別・症状などは、個人が特定されないよう、変更して記載している場合がございます。ご了承ください。)

 

<最初のページへ戻る> 

 

 

☆役に立つと思った記事は、シェア・リツイートして頂けると嬉しいです☆

 

1 / 41234